歯周病のサイン、気づいていますか?

歯周病のサイン、気づいていますか?

歯周病は、プラーク(歯垢)や歯石に潜んでいる歯周病菌が毒素を出して、歯ぐきや顎の骨に炎症が起きる病気です。治療せずに放置すると、最終的には歯が抜けてしまいます。日本人が歯を失う原因のトップにあげられているほど患者数が多い病気ですが、初期段階ではほとんど自覚症状がありません。歯周病で歯を失うリスクを避けるためには、「自分は大丈夫」と思い込まず、定期検診を受けることをおすすめします。

こんな症状があったら歯周病かもしれません

  • 口臭が気になる
  • 歯に違和感がある
  • 歯と歯ぐきの境目が腫れている
  • 歯みがきをすると出血する
  • 歯がグラつく
  • 歯間に隙間が目立つ

1つでも心当たりがあったら、すぐに中央区日本橋の「エイチエーデンタル日本橋」へご相談ください。

お口だけじゃない、歯周病の影響について

お口だけじゃない、歯周病の影響について

歯周病は口腔内の炎症だけにとどまらず、全身の健康状態にも悪影響を及ぼすことが知られています。歯周病が影響していると考えられている病気には、次のようなものがあります。

冠状動脈疾患

歯周病菌やその毒素が血液に混入すると、血流にのって冠状動脈壁まで運ばれてプラーク(血管沈着物)が形成される場合があります。その結果、血栓となって血管を詰まらせるなどの問題が生じ、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患の原因になっていると言われています。

心内膜炎

歯周病菌が心内膜へ到達すると、感染性心内膜症となるおそれがあります。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

飲み込む力が弱くなってきた高齢者が飲食時に誤嚥(ごえん)してしまうと、食べ物に混じった歯周病菌が気管から肺へ到達し、肺炎を引き起こすことがあります。必ず、お口を清潔にしてから、ゆっくりあわてずに食事をするよう心がけましょう。

糖尿病

歯周病にかかった患部を検査した結果、血糖値をコントロールするインシュリンの機能を阻害する物質が出ていることがわかっています。歯周病を治療すると血糖値が改善することがしばしばあります。

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

歯周病菌は、骨の代謝を鈍らせる物質を出すことがわかっています。歯周病にかかると、新しい骨を作る速度が遅くなり、その結果骨密度が減少します。

早産、低体重児出産

歯周病の患部から出る毒素が血流に乗って子宮に達すると、子宮を収縮させます。妊娠初期の妊婦さんが歯周病にかかっていると、早産や低体重児出産になる危険性があります。健康な赤ちゃんを出産するために、信頼できる歯科医師のもとできちんと治療しましょう。

歯周病治療について

当院では、歯周病の進行段階によって最も効果的な方法で治療いたします。

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

スケーラーやキュレットと呼ばれる歯科専門の器具を使用して、歯ぐき内部のプラーク(歯垢)や歯石を除去する方法です。歯ぐきの奥まで器具を挿入する時は麻酔を使用しますが、この方法は歯周ポケットの内部までクリーニングが可能で、歯の根本の表面についた汚れを根こそぎ取り去ることができます。

フラップ手術

フラップ手術

進行した歯周病には、フラップ手術で対応します。フラップ手術は、麻酔をした後に歯ぐきを切開し、患部をむき出しにした状態で歯石や病変した組織を取り除く方法です。きれいに除去した後、患部を縫合します。

エムドゲイン

エムドゲイン

歯周病で歯が抜け、顎の骨まで溶けている場合は、エムドゲインで失われた骨を再生します。歯は顎の骨(歯槽骨)で支えられています。その土台がしっかりとすることで、歯がグラグラしなくなります。

GTR法(組織再生誘導法)

GTR法(組織再生誘導法)

歯周病が悪化すると、歯を支えている顎の骨まで吸収されてしまします。病状が改善されると、骨よりも歯ぐきの回復速度の方が速いため、本来は顎の骨ができるべきスペースに歯ぐきが成長してしまうので、骨は元に戻ることができなくなります。GTR法は、顎の骨を再生させたいスペースを人工の膜で覆って歯ぐきが侵入できないようにして、顎の骨が十分に回復できるよう促す治療法です。回復後はインプラントなどを埋め込むことが可能になります。

自家骨移植

自家骨移植は、骨が溶けてしまった部分に自分の骨を移植する治療法です。歯科治療では、下顎の親知らずの近くにある「下顎枝」と「オトガイ部」という部分から移植用の骨を採取するのが一般的です。自家骨には、骨形成能、骨誘導能、骨伝達能があり、人工代用骨などと比べて、骨移植にとても適しています。

PRP法

PRP法

血液に含まれる血小板には、細胞増殖を促す作用があり、止血作用や血管、組織の修復を行うことが知られています。この血小板を濃縮した状態で取り出したものが、PRPと呼ばれる「多血小板血漿(Platelet Rich Plasma)」です。骨移植で顎の骨を再生させる場合、この多血小血漿を混ぜることで、丈夫な骨を作ることができます。

歯周病治療のこだわり

太田先生の見解

太田先生の見解

歯周病が悪化してしまうと、外科的な処置が必要になります。簡単な処置に比べて患者様にかかる負担が大きくなりますが、スタッフ一同で患者様をサポートし、できるだけ痛みを抑えた、きめ細やかな治療を行いますので、安心してお任せください。

歯周病について、詳しく知りたい方はこちらへ

上に戻る